成形が難しい素材の加工を容易にしてくれる離型剤の選び方

添付作業

フッ素系離型剤を使わないとどのような事態が生じるか

ワックスがけ

ゴムやシリコン、プラスチック等の素材は、加工のしやすさや耐久性、耐熱性など、それぞれに優れた特性を持っています。そのため、これらの素材を利用した製品や部品が、沢山製造、販売されています。しかし、素材としていかに優れていても、同時に優れた成形技術がなければ、製品として使えるものにはなりません。その成形のプロセスで非常に大きな貢献をしているものの一つが、離型剤です。
プラスチック等の素材は、金型という型を使って、製品として使用するのに適した形に変える必要があります。問題は、金型だけで形を造ることはできないということです。つまり、金型に入っている間は求められた形をしていても、そこから取り出そうとすると、歪になったり細部が壊れたり、薄いものだと割れてしまったり。きちんと離型剤を使っていないと、こうした成形上の失敗が発生します。これを防ぐために、金型の中身をスムーズに取り出せる離型剤が必要になります。
こうした目的に鑑み、離型剤は、まず成形物に粘着しないこと、そして、なるべく薄く塗布するだけで効果を発揮してくれることが必要です。というのは、離型剤を厚塗りした場合、その分成形物のサイズが小さくなってしまうからです。この両方の要件を確実に満たしてくれる離型剤が、フッ素コーティング剤を使った離型剤です。
薄手や小型の成形が難しい製品用の離型剤を探しているなら、フッ素系のものがおすすめです。

離型剤は塗膜が薄くて作業効率のよいフッ素系がおすすめ

シリコンやプラスチック、ゴム製品を扱っているメーカーでは、成形の際に金型に塗布する離型剤について、常時、よりよい製品を探していることでしょう。離型剤は、いくつか主成分が異なるものがあり、その主成分の名称を取って、フッ素系、ワックス系等と呼ばれています。主成分が異なるので、離型性能や他の特徴も各々で異なりますが、成形の品質レベルと業務効率の良さという点を総合的に考えて、フッ素系が最もおすすめできる離型剤と言えます。
例えば、金型に塗布した際に形成される塗膜の厚みも、ワックス系と比較すると、フッ素系は非常に薄いです。塗膜が薄いということは、スリムで厚みがないデザインの製品、極端に細い、または小さい製品であっても、設計通りの寸法で成形できるということです。また、フッ素系離型剤の場合、成分はフッ素コーティング剤ですので、俗に言うフッ素樹脂膜の非粘着性という特有の性質によって、素材が何であれ、転写の心配がありません。ワックス系離型を使うと総じて転写が多く、離型後の二次的な処置なしには成形物を製品として使えない場合がままあります。大量の製品を処理しなければならない場合、こうした二度手間は出来れば避けたいところです。質の高い成形と業務効率を重視するなら、フッ素系離型剤を使いましょう。

離型剤も進化してどんどん使い易くなっている

プラスチックで玩具や日用品、部品などを製造しているメーカーにとって、離型剤は、製品を形造る工程で必要不可欠な仕事道具の一つでしょう。古くから営業している会社では、昔から使用している離型剤をずっと使っているところもあるかもしれません。しかし、大量生産大量消費時代で、生産性の高さを求められる現代では、離型剤も日進月歩で、市場にはどんどん使い易い製品が出てきています。
例えば、フッ素コーティング剤を主成分とする離型剤では、成形作業を行っている現場でそのまま使えるスプレー型のものや、刷毛を使って金型に塗布して離型性能を追加付与することが出来る製品もあります。いずれも室温で乾燥させることが出来るため、作業中に離型剤の効果を強化したい時など、現場で対応を完結させることが出来、外部の業者に頼る必要がありません。また、同じくフッ素系の離型剤の中には、溶剤として不燃性のものを採用し、引火性について心配する必要がない製品もあります。こちらを選ぶと、大量の離型剤を使う場合でも危険物扱いにならないため、法の規制対象範囲外になり、細かい規定に従う必要がなくなります。
総じて、フッ素系離型剤には、現場で使い易い様々な工夫を凝らした製品が多いです。


番組でも取り上げられた、離型剤ならお得に購入できる【フロロテクノロジー】

post list